CATEGORY
RECENTLY REPORT
PROFILE

くりたろう

  • Author:くりたろう
  • 活字中毒。
    古いもの好き。
    美味しいモン好き。

    SSS実践してましたが、
    田舎に引っ越したため
    滞り中;
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1Q84

1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る
1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る
1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
(2010/04/16)
村上 春樹

商品詳細を見る



発売当初
爆発的に売れてましたね。。


当時
本好きなら読んでるでしょ!?
ってよく会社で聞かれましたが
実はそのころは
村上春樹さんの作品を一つも読んでませんでした;;

村上龍さんとごっちゃなイメージになっていたのと
子供の頃にノルウェイの森とか難しそうだなってイメージがついてたので


最近は
伊坂幸太郎が好きなら村上春樹は読むべき!
と言われたので
ちょこちょこ読んでます

これは人気ありすぎで図書館なんかでは借りられないだろうな。。
と思ってたら
近所の公民館の図書室で偶然みつけて読んじゃいました(^^)


この人の文章って
するする読みやすいものの
なんか世界観が独特すぎてちょっと難しい;

たいてい主人公が違う世界に足突っ込んでません?

そもそも
このタイトル1Q84って1984年とは別世界だからって
主役の一人『青豆』が付けた舞台の名前ですし。。


最初の頃は
どういう風に話が絡み合うか見えてこなくて
ちょっと読むのに飽きそうでした

ただ小学校のとき手をつないだことがある
っていう
『天吾』と『青豆』が
それぞれバラバラに1Q84という世界に翻弄されてるんですが
book3になってやっとまとまってきて読みやすくなりました^^;

これ
発売当初に買ってた人は
買って次の巻が出るまで待つのが長かったでしょうね;;
読み返すにもわりと長いし。。

全部読んでみると
不思議ワールドはまぁ不明な所もいろいろあるものの
村上春樹さんにしては主役が幸せそう?な感じで
終わって良かったなぁと
安心しました

スポンサーサイト
MONTHLY ARCHIVE
LINK
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。